無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2014年1月15日 (水)

スキー旅行

1月11日から13日までスキー旅行に行ってきました。

北海道のルスツスキー場です。福岡の孫と去年から北海道に転勤になっている長女一家を訪ねる旅行を兼ねてです。

福岡の孫は小学5年生と幼稚園の年長さんで、スキーは初めての体験です。二人とも男の子です。

北海道の孫は小学校4年生と2年生です。二人とも女の子です。スキーは去年の12月から始めたとのことです。小学校で授業で取り組んでいるのどすべて自前の道具を揃えなければならないということで、僅か2ヶ月そこらでスイスイ滑っていました。

私は20年ほど前に少し経験したので不安を持っての参加でした。

Img_8672


幼稚園の孫は参加せずプルーで遊んでいました。

Img_8662


夜のカマクラの中の様子です。長女の夫と孫4人です。

Img_8663


ルスツタワーホテルです。Dscf1464


                   雪景色です。白一色。粉雪舞う何もない冬です。

14,15日と筋肉痛で家から出られません。

スキーは思い出しました。中級コースまではリフトに乗って滑りました。

楽しい2日間でした。外でケーナーを吹こうと思ったがとても寒くて吹けるものではありませんでした。手を動かせません。寒さで痛くなります。温度はマイナス6度くらいです。

スキーをしている所の写真も撮れませんでした。残念今度の楽しみにしたいと思います。

2014年1月 7日 (火)

新年を迎え

遅くなりましたが、新年を迎えブログを再開したいと思います。今年も宜しくお願いします。

今年は午年ですので馬の写真を、

Img_5546


優しい馬さん今年もよろしくお願いいたします。何に興味があったのか顔を近づけて、口をブルブルとしたところです。

傍にいた犬の写真。

Img_5549


不貞腐れています。何か文句あるかと毒づいています。

ほんとは気のいい優しい犬なのですが、ちょっと拗ねて見せています。

正月なので楽しい写真を。Img_8277

二人だけの世界。何をしているかは内緒。

Img_8277_2

Img_8409


幸せそうな横顔でした。

秋の佳き一日でした。

場所は熊本城でした。

2013年11月 4日 (月)

闘病記2

遅くなりました。先日は入院するまでの内容を書きましたのでその後を書きます。

9月4日13時入院。N赤7階消化器内科東階702室に入室。入院の諸説明あり。

5日看護師さんと担当医の先生の挨拶あり。元気な明るい先生で一安心。

病院の中をうろうろしていたら若い看護師さんから声をかけられた。以前世話をしてことがある娘だった。世間は狭いものである。ありがたいことに心配事があったら何でも相談してくださいとの親切な言葉に感謝感謝。情けは人の為ならずを実感した。6日朝9時から手術とのこと。夜から絶食。すこし不安。

6日朝8:30から台車に乗って手術室に入る。妻と次女が付き添う。9時から手術開始。背中に痛み止めの液を入れる注射をしていたがうまくいかなかったので違う方法でやりますの声を聞いているうちに意識がなくなった。

それから、約五時間半。午後2時ごろと思う頃名前を呼ばれて目を覚ます。痛みはない。安心。

Dscf1402


胃の底部に癌が見つかったということで幽門側胃切除を腹腔鏡手術で行うこと。3分の2切除する必要があると説明を受けていた。

Dscf1404


腹部を大きく切らずに穴をあけてカンシを入れて患部を切除し臍の部分から取り出しその後胃の部分と小腸部分をつなぎ合わせるという手術。患者の術後負担が軽減されるという説明だった。

Dscf1361_2

右が上部です。下部の真ん中が臍の部分です。ここから切った胃を取りだしたということです。管が見えますがここから腹部の手術した血を抜きとているとのことでした。点滴がとれたのが3日でしたから血を抜く管が外れたのは4日後でした。

6日に手術、7日の朝にはおしっこの管も抜け、口に入れていた管も抜け、点滴を押しながら歩きました。驚きです。腹腔鏡手術のおかげです。腹を切っていたらこうはいかなかったと思います。

すべて順調に行きました。食事もうまくいき7日目の9月13日に退院となりました。

しかし、油断は禁物。胃を3分の2切ったということを軽視していました。16日からまったく食事を受けつけなくなって苦しました。体重も45kになり痩せて見た目に病人と言うかんじでふらふらしていました。

1週間かかってようやく食事をコントロールするこつが分かってきました。しかし、油断するといけません。時間をかけて少しずつ良く噛んで食べる。面倒だが仕方ない。

9月3日病院に結果を聴きに行く。

Dscf1403


先生に説明。癌は胃の底部に広く広がっていた。薄く表面に広がっていた。これだけの広さであればかなり進行していることが心配されたが詳しく検査したが他に転移していることもなくステージ1Aと判断してよいでしょう。抗癌剤を服用する必要もないでしょう。ということだった。

まず、生活を規則正しく、酒を飲みすぎないように心がけて体を大切にすることを誓って行こう。

2013年10月11日 (金)

闘病記

久しぶりに記事を投稿します。

実は、7月8日にN赤病院の一日人間ドックに偶然入院しました。町の集団検診に参加する予定でしたが、補助があるということで出かけたわけです。

そこで、胃に組織検査必要があるという報告がありました。しかし、7月10日からトルコ旅行の予定でしたので、楽しい旅行を10日間過ごしてきました。

ブルグのトルコ旅行記に詳しく述べたところでした。

旅行から帰って7月23日N赤からの連絡があり朝9:30に行くと実は胃がんです。詳しい検査をする必要があるので、今日今からお家の方へ電話をかけて下さい。その間に紹介状を書きますからということで、電話をかける。不思議に動揺や不安感はなかった。妻のほうはどうだったろうか。

しばらくして紹介状を渡され内科の方へ行くよう言われる。

内科の先生と紹介状を見ながら説明と今後の予定が言われる。

1、癌の大きさでは内視鏡手術で大丈夫だろうと思われる。

2、初期のものと考えている。

3、詳しい検査をする必要があるので7月31日8:30に内科に来るようにと言われて長い1日が終わる。

その間孫が北海道から遊びに来たり、ケーナの練習会に参加したり忙しい毎日を過ごして癌に罹っているという心配は全くなかった。酒も毎日飲むし元気いっぱい楽しく過ごしていた。

7月31日消化器内科8:30に行くと9:00から詳しい検査が行われた。30分ほどで終わる。

1、思ったより癌の範囲が広いので内視鏡手術では病変を取りきれないので腹腔鏡手術を行う。

2 今後の予定、8月15日12:00 CT検査腹部。麻酔をかける。

           8月16日9:00  胃カメラ検査。胃を切除する範囲に鋲を打つ。

           8月19日9:00  大腸カメラ。綿密に検査する必要がある。

癌の範囲が広いということに少し不安を覚えるが大した心配はなかった。CT検査は麻酔をかけているあいだのことなので楽であった。結果他の臓器には転移は見られないと言うことだあった。16日の検査も楽であった。大腸カメラは2リットル下剤を飲むのに苦労をする。が、大腸にも転移は見られなかった。

8月21日 胃の透視。胃の形を確認するためと言う。バリュウムを飲んであちらこちらぐるぐる回らせられる。これが一番苦しかった。

これで大体の検査が終わった。あとは検査の日程を決めるだけ、はやく終わってほしい気持ちが強い。相変わらずいつもの毎日を過ごしている。食事も酒もうまい。癌に罹っているなんて信じられない。

 

2013年5月11日 (土)

花シリーズ

昨日はケーナの練習だった。

新しい曲を2曲。音符を読むのが難しい。尺八をやっていた癖が未だに抜けない。

ラをロ、ソをハミをチシをレと思ってしまう。何度も何度も吹いて感覚で身につけるしかない。

頑張ろう。

ところで雨の中の庭の花が美しかったので撮影した。雑草だと思う。

黄色で美しい小さな花。

Img_6251


花の先の雨粒の中に花が映っているのが見えますか。

Img_6269


紫蘭の花の咲く前のつぼみについた水滴の中に映る向こう側の紫蘭の花。

気をつけなければ気がつかない世界があるんですね。

これから雨のときはもっと気をつけて周りを見てみよう。

2013年5月 6日 (月)

さんさん公園シリーズ

さんさん公園には、いろんな花が植えられている。

その中のホピーの花を撮影した。

Dscf0818


赤い花が日を受けて輝いていた。

Dscf0819


雌蕊に日が当って特に美しかった。

Dscf0821


さらに、雄蕊と雌蕊に日が当っているものを。

3枚のうちどれが好きですか?

2013年5月 4日 (土)

花シリーズ

庭に咲く紫ランの花が美しかった。

雨の中静かに咲く花に惹かれて、一枚。

Img_6168


雨、あめ降れ降れ母さんと、、。水たまりに駄目よといわれながら入っていったあのころを覚えていますか。

Img_6178


雨が止んだ後、日がさした花の様子です。

Img_6182


どちらがいいですか。

雨もいいが、日陰に咲く花もまたいい。

2013年4月28日 (日)

さんさん公園シリーズ

さんさん公園の風景。

Dscf0740


広い公園の中に一本だけシャクナゲの木があった。

Dscf0743


大きな木の陰になって光がなかなか当たらない木漏れ日に照らされる花。

日陰に咲く可憐な花。

Dscf0745

光があたるまで気長にまって撮った写真です。

待つこともいいものですね。

待てど暮らせど来ぬ人を宵待ち草のやるせーなさ。

2013年4月18日 (木)

街角風景

散歩の途中に不思議な世界を発見。

バスに乗ってこのまま行ってみましょう。

Dscf0320


トトロの世界です。雨の中にバスを待つ少女。

車に少女が映りこんでいます。

七国山行きです。乗ってみませんか。

この場所はなかなか見つけられませんよ。子どもの心を持った人だけが知っている。

秘密の場所です。

2013年4月16日 (火)

街シリーズ

今日はNHKに仏像講座に出かけた。

つつじが5分咲きだった。

お城を背景に撮ってみた。

コンパクトなのでこれくらいしか撮れなかった。Dscf0671


桜と熊本城は良く見るが、ツツジと熊本城もいいものだ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー